屋根塗装

屋根塗装で考えるべき3つのこと

 

屋根塗装に関して詳しく説明している画像

 

最近、屋根が古くなって見た目が悪くなっているから、
そろそろ塗り替えなんか必要になるんじゃって思うかもしれません。

 

実際に屋根の塗装などのメンテナンスはしなくてはいけないのですが、
知らずに手遅れになる前にどうすればいいのか?

 

屋根のメンテナンスについてのポイントなどをご紹介していきます!

 

 

1.屋根塗装をやる必要性とは

 

1-1.屋根塗装が必要な理由

 

屋根も雨や風にさらされているので当然劣化してきます。

 

そのまま、屋根の塗装などのメンテナンスをしないままでいると、雨漏りなどのトラブルが発生することもあり得ます。ひどくなると屋根を葺き替えしないといけないことになって、かなりの費用が掛かってきてしまいます。

 

そのため、その前に屋根の塗り替えが必要になってくるんです!

 

 

1-2.屋根塗装、リフォームで改善できること

 

屋根のリフォームで改善できるポイントも多いんです。

 

@ 太陽熱を防いだり、雨漏りの防止ができる
A コケやカビなどの繁殖を防げる
B 屋根材を保護、耐久力がつく
C 金属部分のさびを防ぐことができる

 

屋根塗装の寿命が過ぎてしまうと上記のような部分に問題が生じてきてしまい、それがひどくなってしまうと塗装では改善ができずに葺き替えなど塗装に比べると3倍〜5倍の料金がかかることも珍しくありません。

 

そのため、適切な時期に屋根のリフォームをすることがとても重要です!

 

 

2.屋根塗装リフォームをする塗り替えの時期・タイミング

 

屋根塗装リフォームをする塗り替えの時期・タイミングに関して詳しく説明している画像

 

屋根塗装リフォームで塗り替えをするときのタイミングは
一般的に10年程度といわれています。

 

しかし、タイミング自体は塗料の耐用年数と実際に傷み具合を見て
塗り替えのタイミングを見ることがとても重要になってきます。

 

屋根自体から塗り替えのタイミングを見るための方法を説明します!

 

 

2-1.屋根の塗装部分の色が綺麗かどうか

 

屋根塗装の部分の色が綺麗かは一番わかりやすい指標です。

 

屋根塗装を行った初期は艶があってきれいに太陽に光っているのが特徴的で、年数が経つにつれて太陽光や風雨、ほこりなどにさらされ屋根の塗装が以前のような綺麗な状態ではなくくすんできます。

 

くすんでいるからすぐに塗装をしなければいけないという状態ではないのですが、5年〜7年程度の期間が経って色がだいぶくすんできたなと感じたら屋根塗装をする準備が近づいて来たなと思っておいてください。

 

屋根の色は重要な塗り替えのサインになることが多いです!

 

 

2-2.屋根にひび割れなどの症状はないか?

 

屋根にひび割れなどの症状があった時には注意が必要です。

 

特に瓦屋根で起きやすいのですが台風などの自然現象や年数が経つにつれてひび割れなどの症状が出てしまうときがあります。その時にはすぐに修復する必要が出てきます。

 

屋根が壊れたままだと内部へ水分などが浸入しやすくなり、木が腐ってしまったり、サビなどの大きな原因になり大きな葺き替え工事などが必要になり多大なお金がかかります。

 

そのため、屋根のひび割れには早急に対応をする必要があります!

 

 

3.屋根塗装と外壁塗装は同時期にやった方が費用も安くなる

 

屋根塗装と外壁塗装は同時期にやった方が費用も安くなるに関して詳しく説明している画像

 

ほとんどの一般的なご家庭の一軒家では、屋根塗装と外壁塗装の
塗料のグレードは同じもので塗られているので耐用年数も同じです。

 

屋根塗装の塗り替えのタイミングは一般的に外壁塗装と同時期です!

 

そのため、料金が高くなってしまうからと屋根塗装と外壁塗装を別々に
塗り替え、リフォームを行ってしまうと余計な費用が掛かってしまいます。

 

 

3-1.足場の費用は意外と高額

 

足場の費用は意外と高額に関して詳しく説明している画像

 

屋根塗装をするときにも外壁塗装をするときにも、
足場の組み立ては必要になってきます。

 

つまり、別々にやってしまうと足場の費用が倍かかってしまうということです!

 

そのため、屋根塗装と外壁塗装は同時期にやるべきで、
同時期にやる方が費用も安く済ますことができるのでおすすめです。

 

足場の相場は一般的には600円〜800円です。

 

足場の詳しい計算方法を知っていても私たちには使えないので、
一般的な一軒家を例として足場の費用を出してみます。

 

2階建ての一軒家で30坪の場合に、
平均すると14万円前後の費用が掛かってきます。

 

屋根塗装と外壁塗装をすると足場だけで合計28万円かかる計算になります。

 

 

3-2.外壁塗装と同時期にやるメリット

 

外壁塗装と同時期にやると大きな3つのメリットがあります。

 

外壁塗装と同時期にやるメリットに関して詳しく説明している画像

 

 

3-2-1.足場の費用が半分で済む

 

上記でも説明しましたが、屋根塗装と外壁塗装を別々にやってしまうと足場の費用が2倍かかってしまいますが、同時期に同じタイミングで塗り替えをやってしまえば半分の費用で屋根の塗装をする子ことができます。

 

 

3-2-2.塗り替えのタイミングを忘れない

 

屋根塗装は高くて見えにくい部分もあるので、塗り替えのタイミングを間違えてしまうことが意外と多いんです。屋根塗装を忘れて劣化した状態が続いてしまうと雨漏りなどの原因にもつながってしまうので外壁塗装と同時期のタイミングでやることで塗り替えのタイミングを忘れません。

 

 

3-2-3.余計な費用が掛からない

 

屋根塗装の塗り替えのタイミングを間違ってしまい雨漏りなどのトラブルが起きてしまった場合には、塗り替えだけじゃなくて葺き替えも必要になる場合もあり、費用が倍以上に跳ね上がります。葺き替えの耐用年数はまだなのに無駄な費用がかかってしまいますので同時期にやることで無駄な費用は掛からずに済みます。

 

 

<人気記事>

 

1位 外壁塗装の体験談暴露中
2位 見積書の5つのチェックポイント
3位 外壁塗装リフォームの業者の選び方