外壁塗装リフォームをしている時の生活

外壁塗装リフォームをしている時の生活はどうすればいいの?

 

外壁塗装リフォームをしている時の生活に関して詳しく説明している画像

 

1.外壁塗装リフォームをしている時の生活の注意点

 

1-1.外壁工事中も普段とほぼ変わらない生活ができる

 

基本的に外壁工事中は内装の工事をするわけではないので、
あまり普段と変わらない生活ができます!

 

それでも、短期の引っ越しなどをする必要はありませんが外壁塗装の工事をしているので、いつもと違う環境になってしまうのは注意しなければなりません。

 

1-2.騒音やにおいが気になってしまうことも

 

 

騒音やにおいが気になってしまうこともに関して詳しく説明している画像

 

 

外壁塗装工事は簡単に言うと、

 

・足場の組み立てから始まり
・ペンキ塗料を塗って
・足場の解体をして終わり

 

という一連の流れがありますのでその時に『足場設営や解体の際の騒音、ペンキ塗料を塗るときのシンナーの臭いなどが気になってしまう』こともあると思います。

 

足場の組み立ては半日程度で終わる場合が多いのでそこまで気にならないかもしれませんが、ペンキ塗料のシンナーなどの臭いが気分が悪くなってしまいことも考えられるのでその期間はマスや空気清浄器などをうまく活用するといいでしょう。

 

場合によってはウィークリーマンションを借りるというのもおすすめです!

 

1-3.工事中は窓を開けられない場所も

 

 

窓の養生に関して詳しく説明している画像

 

 

外壁塗装の工事中にはペンキ塗料が窓や関係のない部分が汚れないように養生という作業を行います。養生では『窓やサッシ・ベランダ・雨戸の部分などにビニールや防護ネットなどをしますので窓が開けられない』ということもあります。

 

それに伴って、外やベランダで洗濯物を干している場合には外では干すことは基本的に禁止という業者が多いんです。

 

そのため、室内で洗濯物は干すことになりますので注意しましょう!

 

1-4.高圧洗浄での水の侵入に注意が必要

 

 

高圧洗浄での水の侵入に注意が必要に関して詳しく説明している画像

 

 

高圧洗浄での水の侵入は注意してください!

 

高圧洗浄で利用する水の圧力は外壁の汚れをしっかりと取るレベルの設定されているので、カギを閉め忘れていたために窓が開いて水が浸入してしまうことも実際にはあります。また、換気扇が回っていたりするとそこから高圧洗浄の水が入ってきてしまうというトラブルも実際にはあるようです。

 

そのため、高圧洗浄で外壁を洗う作業を行うスケジュールを確認しておき、『カギや換気扇から水が浸入しないかどうかは事前に相談してチェックしておきましょう。』

 

 

2.外壁塗装リフォームをしている時には空き巣に注意

 

外壁塗装リフォームをしている時には空き巣に注意に関して詳しく説明している画像

 

2-1.外壁塗装工事中は死角になる部分が多い

 

外壁塗装リフォーム工事中にはペンキの飛散防止のために、
外側に飛散防止のためのネットやビニールが貼られます。

 

そのため、外から中の状況はわかりません。

 

それを狙った空き巣や日曜日は工事を基本的にやらないので、
留守中に泥棒が入ってしまうという被害は実際にあります。

 

2-2.留守にする際には戸締りをしっかりと

 

外壁工事は1週間〜10日間の期間かかることが一般的なので、
その期間の戸締りはしっかりとするようにしましょう。

 

外壁塗装の工事中は外で工事するので、工事中であっても
外出する時には戸締りはしっかりとしておきましょう。

 

 

<人気記事>

 

1位 外壁塗装の体験談暴露中
2位 見積書の5つのチェックポイント
3位 外壁塗装リフォームの業者の選び方