外壁塗装の色の選び方

外壁塗装の色の選び方で失敗している家庭は意外と多いんです!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

外壁塗装の色の選び方に関して詳しく説明している画像

 

・今、外壁塗装の工事中なんですが色が違いすぎる。。。
・お願いした色が見ていると全然違うんですけど。。。
・希望した色と塗っているペンキの色が全然違う。

 

実は外壁塗装リフォーム工事をするときに多くの方が直面する問題が、
『希望した色と外壁の色が違って見える』ということです。

 

外壁塗装の時に注意しなければいけない問題として、
悪徳業者の問題もありますが、色の選び方も注意しなければいけません。

 

1.なぜ外壁の色選びで失敗する方がこんなにも多いのでしょうか?

 

外壁の色は家の特徴を決めるわけですから、
多くの家庭でしっかりと検討してして決めているはずです。

 

しかし、なぜこのように色の選び方で失敗してしまうのか?

 

実は大きな原因として2つの問題があります!

 

@ 色の見え方が変わってしまう面積効果
A 光の加減によって色が変わって見える

 

 

 

1-1.色の見え方が変わってしまう面積効果

 

ちょっと下の画像を見てみてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

外壁塗装の色の選び方に関して詳しく説明している画像

 

大きいオレンジ色と小さいオレンジ色
どちらの方が色が濃く見えますか?

 

ほとんどの方は小さい方が濃く見ると思います!

 

小さい方が大きい方より濃く見える現象を面積効果といいます!

 

●小さい⇒色がその色よりも暗く感じる
●大きな⇒色がその色よりも明るく感じる

 

そのため、小さい色のサンプルを参考にどの色が合うのか相談しても、
実際に外壁に塗るときにはサンプルよりも明るく見えます。

 

つまり、小さいサンプルだけで選んだ色で決めてしまうと、
自分とのイメージに大きな乖離が生じてしまうことになります。

 

自分の思っていたイメージと違う理由はここにあるんですね!

 

 

1-2.光の加減によって色が変わって見える

 

また、天気によっても外壁の色の見え方は変わります!

 

実際に外壁リフォームをして塗装の塗り替えをしてみても、
時間帯や天候によっても色の見え方は変わっていきます。

 

同じ色のペンキで塗装をしたとしても、
日光が当たっている所と当たってない所では大きく違います。

 

2.外壁の色の組み合わせや失敗しないためのおすすめの選び方

 

2-1.大きめのサイズの見本を見せてもらう

 

面積効果によって小さいサンプルだと色が暗く見えてしまうという欠点があるので、
できれば大きい色のサンプルがあればそれを確認しましょう。

 

大きいサンプルを利用すれば小さいサンプルに比べれば、
外壁に塗った時とのイメージの違いが出にくいんですね。

 

2-2.カラーシュミレーターをうまく利用する

 

外壁塗装の業者ではあなたの家の画像を利用して、
外壁がどのような色になるのかをパソコンでシュミレーションできます。

 

それをうまく利用して、実際にどのような色なら自分の家に合うのか
非常にわかりやすくシュミレーションができるので利用するのがおすすめです。

 

逆に、カラーシュミレーターがない業者は色で失敗してしまう可能性があるので注意!

 

当サイトでご紹介している外壁塗装の一括見積りでは選ばれた
良い業者しか参加していないので安心して利用してみてください。

 

 

<人気記事>

 

1位 外壁塗装の体験談暴露中
2位 見積書の5つのチェックポイント
3位 外壁塗装リフォームの業者の選び方